3密を避けて新しい生活様式へ!

学ぶ・知る

経堂の書道教室が授業再開 3密を避けマスク着用で

  •  
  •  

 陶芸教室「まだん陶房」(世田谷区宮坂3、TEL 03-3428-8044)を間借りして行う「経堂みんなの書道教室」が2カ月ぶりに書道教室を再開した。

3密を避け、マスクを着用しながらの指導風景

 主宰の鈴木真衣子さんは「新型コロナウイルスの影響で3月から教えていた書道教室が全て休止となっていた。その間、希望者には、オンラインを交えて通信教育により指導を継続していたが、『やはりリアルで直接指導してほしい』という声が多く、緊急事態宣言の解除を受けて、細心の注意を払いながら教室を行うことにした」と再開までの道のりについて話す。

[広告]

 「改めて感じたのは墨の香りの豊かさ。休んでいる間に手紙を書いた人の中には、墨をすりながら相手のことを想う時間が貴重だったと言う人もいた。今はパソコンやスマホで簡単に文字を打てる時代だが、書道を通じてコミュニケーションが本来持つ心の通い合いに気付けることはありがたい」

 教室では、毛筆以外に鉛筆、万年筆の課題も用意する。文字を習う前の未就学児でも、奈良の老舗書道用品メーカー「墨運堂」が開発した文具「ゆび筆」や「みずがき半紙」などを使って書道の楽しさを「感じる」授業も行う。

 「コロナの影響で余裕が無くなるのを感じる。文字が美しく書ける喜びを感じる人が増えれば、世の中の潤いも増えるかも」とも。

 授業は毎月第1・3木曜(祝日の場合、変更あり)の14時~17時。謝礼は、お試し=500円~、学生=2,000円~、大人=2,500円~。マスク着用、アルコール除菌などを徹底し、ドアを開け換気しながら授業を行う。

Stay at Home