食べる 買う

経堂在住の漫画家が地元店主の小説を漫画化 親子2代の熊本ラーメン物語

「夢亀らーめん」店主・吉田清継さんと漫画家・尾形未紀さん

「夢亀らーめん」店主・吉田清継さんと漫画家・尾形未紀さん

  • 139

  •  

  経堂在住の漫画家・尾形未紀さんが描いた漫画「らーめんと僕」が掲載された漫画雑誌「思い出食堂No.53」(少年画報社)が7月27日、全国のコンビニ店頭に並んだ。

漫画雑誌「思い出食堂No.52」、「思い出食堂No.53」(少年画報社)

 同作品は「思い出食堂 No.52」に掲載された前編に続く後編。原作は経堂西通り商店会の熊本ラーメン店「夢亀らーめん」の店主、吉田清継さんが書き、店内で販売する自伝的短編小説「らーめんと僕」。常連の尾形さんが読んで感銘を受けたことから漫画化の話になった。

[広告]

 尾形さんは「昭和の熊本、繁華街の『新市街』でラーメン店を営む一家が舞台。大好きなお父さんのラーメンを食べて育つ少年の成長物語。少年時代のお父さんとの絆や、街の人たちとの触れ合い、鮮やかな熊本の風景と、文章から匂い立つようなラーメンの描写に引かれ、ぜひ絵にしたいと思った」と漫画化に至った経緯を話す。

 「父から息子へ教えられたものがラーメンだけでなく人生そのものだったということが伝われば。新型コロナウイルスの影響で不安の多い世の中だが、こんな時にこそ読んでほしい家族の物語」とも。

 同誌は書店での取り寄せも可能。

Stay at Home