食べる

経堂・すずらん通り「スタンド八九」が1周年 北海道のソウルフードも

「スタンド八九」の外観と店内

「スタンド八九」の外観と店内

  •  
  •  

 経堂・すずらん通り商店街の路地にある「スタンド八九(はちきゅう)」(世田谷区宮坂3、TEL 03-5450-6190)が8月9日で1周年を迎え、9日~11日の3日間は記念営業を行った。

スタンド八九のハイボール、ホンコン焼きそば、たこさんウインナー

店主の西村まみこさんが切り盛りするカウンター5席とテーブル1卓の酒場。ドリンクは、ビール、ハイボール、サワー類(以上500円~)など。フードは、卵焼き(300円)、「タコさんウィンナー」(400円)などの軽いつまみ10数種を用意する。

[広告]

 鹿児島の「マルスウイスキーエクストラ」や岐阜の「ピークウイスキー」などの一升瓶の地ウイスキー、広島の国産ジン「桜尾」など地方色も豊かにそろえる。「ホンコン焼きそば」(400 円)は、発売から50年を超える北海道民のソウルフード。

「私が札幌出身なので『ホンコン焼きそば』を置いてみたら予想外に反響があった。独特のソースの香りは昭和の匂い。小さな店内に広がると和やかな雰囲気になる。飲み屋は楽しく過ごす場所。仕事のことや日常の面倒なことは忘れて、ゆるく楽しんでいってほしい」と話す西村さんは、会話のキャッチボールが軽妙。女性の一人客も多い。

 営業時間は15時~23時(18時営業開始の日もあり)。

  • はてなブックマークに追加