学ぶ・知る

経堂の書道教室が書き初めイベント 新年の抱負を書に込める

書き初めイベントの様子

書き初めイベントの様子

  • 100

  •  

  陶芸教室「まだん陶房」(世田谷区宮坂3、TEL03-3428-8044)を間借りして行う「経堂みんなの書道教室」が1月5日、新春の書き初めイベントを行なった。

「まだん陶房」での書き初めの様子

 10時から3回に分け、密を避け、感染対策を徹底しながら開催。小学生10人、大人4人の計14人が参加した。

[広告]

 新型コロナウイルスの影響で昨年は3月から5月まで休止した同教室。6月の再開後、希望者が増え始め、密を避ける目的もあり月2回の授業を月4回にした。

 主宰の鈴木真衣子さんは「今年の書き初めイベントは墨の香りに癒やされ、姿勢を正して文字を書くと無心になり、落ち着けたという声が多かった。今年の抱負を書いて、気持ちがシャキッとしたという人もいた。感染者数が増え、コロナがいつ収束するかさらに見えなくなってきたが、書道が役に立っているのを実感できた」と感想を話す。

「生徒の中には『パソコンではなく自分の手で美しく書いた年賀状の評判が良かった』という人が増え、口コミで新しく問い合わせを頂いている」

 教室では、毛筆以外に鉛筆、ビジネスにも利用できる万年筆の課題も用意する。文字を習う前の未就学児でも、奈良の老舗書道用品メーカー「墨運堂」が開発した文具「ゆび筆」や「みずがき半紙」などを使って書道の楽しさを「感じる」授業も行い、書道の裾野を広げる。

 授業は第1・3木曜と第2・4水曜(祝日の場合、変更あり)の14時~17時。1回の謝礼は、お試し=500円~、学生=2,000円~、大人=2,500円~。