食べる 見る・遊ぶ

本町通りにバー 人気カフェ跡に経堂っ子が開く、ボードゲーム50種も

「bar crazy toy box(バー・クレイジートイボックス)」の外観

「bar crazy toy box(バー・クレイジートイボックス)」の外観

  •  
  •  

 経堂・本町通りに「bar crazy toy box(バー・クレイジートイボックス)」(世田谷区宮坂2、TEL 03-3425-5237)がオープンして半年がたった。

「bar crazy toy box(バー・クレイジートイボックス)」奥のソファルーム

 店主の工藤駿輔さんは1927(昭和2)年から同じ本町通りにあった「亀八鮨」店主の孫。父親は同店から独立し経堂西通りで「亀八鮨くどう」を営んでいたという経堂っ子。酒場文化に興味があり、21歳から代々木上原のバーで修業し、7年勤めて独立。同店を開いた。

[広告]

 工藤さんは「物心ついた時から経堂の商店街を見ているが、街には店主やお客さまの距離感のいいコミュニケーションが生まれる場が必要。人が食べて飲んで共に良い時間を過ごすことが活気を生むので、遊びの要素を取り入れた店を開いた」と経緯を話す。

 ドリンクは国内外のビール80種類をはじめ、ウイスキー、バーボン、カクテルなど。フードは生ハム盛り(640円)などの軽いものもあるが持ち込みも可。世界のボードゲーム50種類を常備し、一人で訪れてもタイミングが合えば楽しめる。

 同店は今年4月まで6年間、幅広い客層でにぎわった後、故郷の伊勢に移転した「shokudo & cafe osse」の跡。

 「osse さんのゆったりした空間に、僕が趣味のアメリカ映画やサブカルチャーのポスターやステッカーなどを貼った。イメージはかなり変わったが、のんびり和める奥のソファルームもそのまま。リラックスしたい人もぜひ」と来店を呼び掛ける。

 営業時間18時~翌2時。月曜定休。

SmartNews Awards 2019