3密を避けて新しい生活様式へ!

学ぶ・知る

経堂で「笑いの作り方」を学ぶイベント ノウハウ本の著者迎える

ジョークを披露する永田正行さん

ジョークを披露する永田正行さん

  • 139

  •  

 スタンダップコメディアンの永田正行さんが1月31日、経堂駅北口の「さばのゆ」(世田谷区経堂2)で笑いの作り方がテーマのライブを行った。永田さんは日常の出来事を題材にしたジョークを披露するほか、専門家を招き、笑いとコミュニケーション術についてのトークの聞き手となった。

永田正行さん(左)と「笑いの作り方」の著者・西川栄二さん(右)

 ゲストは放送作家の西川栄二さん。多数のお笑い芸人を輩出してきた「プロダクション人力舎」のお笑い養成学校「スクールJCA」の校長経験もある西川さんは昨年8月、「笑いの作り方~売れない芸人、仕事ができないビジネスマンのためのお笑いコミュニケーション術~」(ギャラクシーブックス)を出版。お笑いを作るメソッドを一冊にまとめた。4章から成る同書には、漫才やコントを始めたばかりの若手芸人や初心者にも「こうすればネタを作れる」というノウハウが具体例と共に書かれている。

[広告]

 永田さんは「毎日のようにネタを考えているが、時間がかかり、実際のライブで思ったようにウケないなど悩みが多く、良いノウハウ本があればと思っていた。昨年の秋、西川さんの本を読んだら、小さなジョークの発想法から大きな世界観の設定、自分のキャラクターを強く打ち出す方法、骨太な起承転結の作り方など、目からウロコがたくさんあった。それで実際に招いて話を聞いてみたかった」と開催の経緯を話す。

 「自分のネタと西川さんの実践的な笑いの作り方のトークの組み合わせは刺激になった。終演後、見に来たサラリーマンが『プレゼンや営業の場などで笑いを生めば、仕事にも役立つかも』と話していたのが印象的だった」

 集まった観客は27人。西川さんのトーク中は熱心にメモを取る姿が見られた。

 「笑いは社会の中の円滑なコミュニケーションに欠かせないものと深く感じた。また機会があれば第2弾を開きたい」とも。

Stay at Home