暮らす・働く

経堂こども文化食堂 夏休みの陶芸体験とランチイベント開催へ

器づくりに熱中する陶芸体験2回目の小学3年生

器づくりに熱中する陶芸体験2回目の小学3年生

  •  
  •  

 経堂在住の有志による寄付とボランティアで運営されている「経堂こども文化食堂」が7月24日、陶芸教室「まだん陶房」(世田谷区宮坂3)でシングル家庭の子ども向けの無料陶芸体験とランチイベントを開く。

ガラムマサラから寄付される野菜10数種類入りのチキンカレー

 2016(平成28)年2月に始まった活動は、「ただ食べるだけでなく、地域での文化体験も大切」がモットー。陶芸体験で器などを作った後は、かつお節を削り、みそ汁やだし巻き卵作りのワークショップなどの食育にも力を入れる。近隣の飲食店も協力しており、居酒屋「らかん茶屋」は唐揚げ、カレー店「ガラムマサラ」は野菜たっぷりのカレーを寄付。食材も、高知県、宮城県、青森県など全国の生産者から寄付されたもので賄う。

[広告]

 陶芸を教えるスタッフの齊藤乃婦子さんは「経堂と全国の皆さんの心温かい協力で子どもたちが笑顔になるイベント。子どもたちの陶芸の腕がどんどん上がっていくのも見ていて楽しい」と話す。

 経堂こども文化食堂は「まだん陶房」の協力で、陶芸体験やランチイベントの他に、食材をシングル家庭に届ける活動や落語会、書道教室なども行っている。

  • はてなブックマークに追加