食べる

経堂「ガラムマサラ」がディナーカレーのテークアウト再開 サイドメニューも

「ガラムマサラ」のテークアウト用ディナーカレー

「ガラムマサラ」のテークアウト用ディナーカレー

  • 62

  •  

 経堂駅北口のスパイス料理専門店「ガラムマサラ」(世田谷経堂1、TEL 03-3427-1985)が1月25日、ディナータイム用カレーメニューのテークアウトを再開した。

「ガラムマサラ」の骨つきラム(写真は2人前)

 オーナーのハサン・メハディさんは「昨年4月・5月の緊急事態宣言時にも時短営業を行い、その際、自宅待機のお客さまから『当店のカレーを自宅でも食べたい』と相談され、ランチカレーだけでなく、ディナーカレーの持ち帰りに対応した。ランチカレーのテークアウトは継続していたが、今回も同じような状況になり、ディナータイムのテークアウトも再開することにした。当店はスパイシーなつまみでお酒を飲み、最後にカレーで締めるお客さんが多いので、昨年11月からの時短営業はダメージが大きい。しかし、こんな時期だからこそ、当店の料理を食べたいというお客さまとつながっていたい」と話す。

[広告]

 テークアウトメニューは、「納豆カレー」「ベジタブルシュリンプ」(以上1,180円)、「レモンチキン」「パクチーチキン」「ブラックガーリックチキン」「ロスンマトン」「ダルマトン」「ドライビーフ」「ジンジャービーフ」(以上1,280円)など約20種類。「骨付きラム」「タンドリーチキン」(以上780円)、スパイシーな牛モツ炒め「ブリバジャー」(580円)などのサイドメニューにも対応する。ランチは、肉カレーと野菜カレーから1種類が選べる「Aセット」(800円)、肉と野菜2種類の「Bセット」(900円)など。野菜カレーは10種類以上の野菜が入り、内容は毎日変わる。

 「店内の利用は、席と席の間に飛まつ防止シートを設置して、会話を控えながら利用頂くようお願いしている。ディナーのテークアウトは事前に電話を頂ければありがたい。コロナでストレスがたまっている人が多いので、スパイス料理で元気になってほしい」とも。

 営業時間は、ランチ=11時30分~14時のほか、緊急事態中は16時30分~20時(酒類の提供は19時まで)。木曜定休。マスク着用、アルコール除菌、ドアを開け換気などを徹底して営業している。