学ぶ・知る

春風亭柳好さんが落語のワークショップ 和光小学校の児童を対象に

5年生児童の前で落語を披露する春風亭柳好さん

5年生児童の前で落語を披露する春風亭柳好さん

  • 120

  •  

 経堂の和光小学校(世田谷区桜2)で1月25日、地元の落語家・春風亭柳好さんが落語のワークショップを行った。

高座で小噺に挑戦する児童

 落語に取り組んだのは5年生児童。柳好さんに扇子や手拭いの使い方を教えてもらい、多くの児童が小ばなしに挑戦し、それを見た柳好さんがアドバイスした。柳好さんが落語「牛ほめ」と小ばなしを児童の前で演じると児童らは爆笑。「技術や表現方法にビックリした」などの声が聞かれた。

[広告]

 授業後は次のような感想が寄せられた。「私は生で落語を聞くのは初めてでした。とても面白く、腹を抱えて笑いました。でも、私は疑問が湧きました。一回聞いたことがあるのに、なぜこんなに面白かったのだろう?ということです。大抵の話は絵本で知っていたのですが、知らなかった話のように面白かったです」

「さすがでした。僕たちが同じことをしても、あんなに面白くはできないです。言葉の太さを変えたり、女の人や男の人の声をどっちでもできたりですごかったです。正座して動けない中で、目線などで動いているように見せている演技力などを見て、たくさん努力して身につけた技なんだと伝わってきました」

 柳好さんは「和光小は昔から落語を国語の授業に取り入れてるが、今回は70人くらいの子どもたちが落語を真剣に聴いてくれた。やはり生の芸というところに反応してくれたのでは。ものすごく興味を持ってくれてうれしかった」と手応えを話す。

 授業は密を避け、マスク着用、アルコール消毒、換気の注意など、感染対策を取りながら行われた。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース