学ぶ・知る

経堂に「みんなの書道教室」 子ども食堂での指導を契機に定期化

近所の小学生を始動する鈴木真衣子さん

近所の小学生を始動する鈴木真衣子さん

  •  
  •  

 陶芸教室「まだん陶房」(世田谷区宮坂3、TEL 03-3428-8044)を間借りして行う「経堂みんなの書道教室」が始まって3カ月がたった。

墨運堂の「ゆび筆」で遊ぶ子どもたち。

 指導に当たる鈴木真衣子さんは地元在住の書道講師。2年前から陶芸教室で行われる「経堂こども文化食堂」で子どもたちに教えるうちに、「書道を教えてほしい」という地元の声を多く耳にしたことから、月2回、定期的に開くようにした。

[広告]

 鈴木さんは「『みんなの書道教室』という名前には、誰でも気軽に書道に触れてほしいという願いを込めている。道具はそろっているので、手ぶらでも大丈夫。14時~17時の3時間の間で都合のいい時間にお越しいただければ」と話す。

 文字を習う前の未就学児でも、奈良の老舗書道用品メーカー「墨運堂」が開発した文具「ゆび筆」や「みずがき半紙」などを使って書道の楽しさを「感じる」授業もできるという。

 「幅広い世代の人に文字が美しく書ける喜びを感じてほしい。字がうまいと先生に褒められて勉強が好きになった小学生や、手描きのメニューが美しくなって注文が増えた居酒屋の話なども聞く」とも。

 授業は毎月第1・3木曜(祝日の場合、変更あり)の14時~17時。謝礼は、学生2,000円~、大人2,500円~。

  • はてなブックマークに追加