暮らす・働く

世田谷で体験授業「赤ちゃんを連れて学校へ行こう!」 産前に抱っこ体験を

赤ちゃんに触れる体験をする参加者

赤ちゃんに触れる体験をする参加者

  •  
  •  

 世田谷を拠点に活動するNPO法人「せたがや子育てネット」(世田谷区宮坂2、TEL 03-6796-3939)が11月・12月、地域の赤ちゃんと親子を募集し、参加型の赤ちゃんとの触れ合い体験授業「赤ちゃんを連れて学校へ行こう!」を地元中学で開く。

経堂の街に貼られる「赤ちゃんを連れて学校に行こう!」のチラシ

 同NPOは2001(平成13)年から、より子育てしやすい地域をつくるために、イベントや情報誌・インターネットによる子育て情報の発信、子育ての当事者と支援者・支援団体とのネットワークづくりなどに企業や自治体、学校とも連携して取り組んできた。

[広告]

 理事の入江彩千子さんは「自分の子育てが始まる前に赤ちゃんの世話をしたことが無かったというお父さん、お母さんは約75%もいる。産前から赤ちゃんを抱っこして慣れておくこと、経験者から子育ての話が聞くチャンス作っておけば、将来、親になるときに思い出して役に立つはず」と授業の趣旨を説明する。

 授業で生徒たちは最初に人形を使って抱っこの練習をして、その後、実際の赤ちゃんを抱っこする。保護者への質問する時間も設け、産前産後の経験談や赤ちゃんの日々の世話についても学ぶ。

 「現代は子育てニーズが多様化する一方で、地域や家庭の子育て力が昔と比べて低下している。こうした授業を地元中学校から広めていきたい。実施した学校や生徒、関係者からは好評を頂いており、ボランティアで参加した赤ちゃんの親も社会貢献できたという実感を持っていただている」とも。

 本年度は、既に区内の区立中学校10校で授業を実施。11月は富士中学校・緑丘中学校・梅丘中学校、12月は桜丘中学校で予定。現在、0歳~1歳半くらいまでの赤ちゃん親子ボランティアを募集しており、区外からの参加も可能。

  • はてなブックマークに追加