食べる

経堂の日本酒の店が1周年 「赤提灯 太郎」跡を引き継ぐ

「酒と味 ソウコウ」外観と杉玉

「酒と味 ソウコウ」外観と杉玉

  •  
  •  

 経堂すずらん通りの日本酒と肴の店「酒と味 ソウコウ」(世田谷区宮坂3、TEL 03-6323-6098)が12月18日、1周年を迎えた。

自家製カラスミ、ねぎ間鍋(以上800円)

 同店は1982(昭和57)年から2018(平成30)年まで36年間営業した「赤提灯 太郎」跡にオープン。大きな改装はせず、元々あったカウンターやボックス席、ランプシェードなどを利用し昭和酒場の雰囲気を残す。

[広告]

 店主の栁(やなぎ)拓也さんは「都心の和食店で修行していた20代の頃から経堂で飲んでいたので、自分の店を構えるならこの街と思っていた。長く地元の人に愛された酒場の空間を引き継げて良かった」と経堂で開業した理由を話す。

 日本酒は全国の銘柄を10種以上、そろえる。価格は450円から。「日本酒は温度によって味と香りが変わるので、その妙も楽しんでほしい」と、カウンター上のお燗(かん)器で温め飲み頃を提供する。

 つまみは卵焼き、牛しぐれ(以上、350円)、ぬた、鶏つくね、じゃこ山椒煮(以上、450円)、にしんうま煮、いわし刺し、ハタハタ唐揚げ(以上、500円)、ねぎ間鍋、カラスミ(以上800円)など約30種類。

 「日本酒は半合(90cc)の注文も可能。いろんな日本酒とつまみの組み合わせを楽しんでいただければ」とも。

 営業時間は17時~23時。日曜・祝日定休。

SmartNews Awards 2019