食べる

経堂駅前の「経堂エール」が2周年 秋の新作はソルティライムエール

後藤健朗さんと妻のゆきこさん。後藤さんが持つのは「ソルティライムエール」

後藤健朗さんと妻のゆきこさん。後藤さんが持つのは「ソルティライムエール」

  •  
  •  

 経堂西通りの「後藤醸造」(世田谷区経堂2、TEL03-6751-0698)オリジナル手造りビール「経堂エール」が9月、発売から2周年を迎えた。

「経堂エール」(スモール、275ml、500円)と「ハーブソーセージ」(500円)

 経堂の東京農業大学(桜丘1)を卒業した後藤健朗さん、ゆきこさん夫婦が2016年にオープンした同店は、醸造場併設の立ち飲みビアバー。 全国から仕入れたクラフトビールと自家醸造のたる生を1杯500円から提供する。

[広告]

 健朗さんは「経堂エールは僕たちが初めて開発した記念のビール。華やかな香りとほのかな苦味がクセになるアメリカンペールエールで、乾杯に最適」と話す。

 フードメニューは十種類以上を用意。特製トマトソースのフライドポテト(400円)、ソーセージ、味付け大根の特製唐揚げ(以上500円)など、ビールに合うものをそろえる。

 「全国各地の農産品を生かしたビールの開発も行っている。これまで高知県のショウガを使った『ジンジャーエール』や世田谷のスダチと埼玉のユズを使った『シトラスガーデン』などを造ってきたが、秋の新作は、塩とライムを使った『ソルティライムエール』。さっぱりしたウィートエールで、夏の疲れが出る今の時期においしく飲める」とも。

 営業時間は15時~22時(日曜は13時~21時。月曜・火曜定休。

  • はてなブックマークに追加