食べる

経堂の蕎麦店「蕎堂 壮」が3周年 昼飲みできるランチも開始

ランチの「蕎麦御膳」(1,800 円)と日本酒「秀鳳」

ランチの「蕎麦御膳」(1,800 円)と日本酒「秀鳳」

  •  
  •  

 経堂・すずらん通り商店街の手打ちそば店「蕎堂 壮(きょうどう そう)」(世田谷区経堂2、TEL 03-4285-6395)が10月16日で3周年を迎えた。

「蕎堂 壮」の看板と店主の中村壮貴さん

 店主の中村壮貴さんは和食店で10年働いた後、そば専門店での修業を経て独立。毎朝、店内の石臼でひいたそば粉を使った手打ちそばを、その日のうちにゆでたてで提供する。

[広告]

 そばメニューは、「せいろ」(700円)、「鴨南蛮」(1,500円)など約10種類。「そばがき」(700円)、「だしまき」(700円)など定番の酒のアテの他、刺し身、焼き物、揚げ物などの魚介類や野菜のメニューも日替わりで用意する。

ドリンクは、ビール中瓶(600円)やハイボール(700円)、日本酒、焼酎、ワイン、ソフトドリンクなど。

 中村さんは「私が日本酒好きなので、セレクトした10種類前後を常にそろえている。店内デザインは、吹き抜けを利用して開放感のあるリラックスできる雰囲気にこだわった。2階は個室としても使えるので、家族や友人との宴会、記念日などにも気軽に利用してほしい」と話す。 

 10月にはランチ営業も始めた。せいろまたはかけ、小さな丼、漬け物から成る「蕎麦(そば)定食」(1,200 円)、えびと野菜の天ぷらが追加された「蕎麦御膳」(1,800 円)など。

 「近所の会社や主婦の方の利用もあるが、仕事がオフの人が昼飲みに利用するケースも多い」とも。

 営業時間は12時~15時、18時~23時(日曜・祝日は22時まで)。月曜定休。

  • はてなブックマークに追加